忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2019/12/14 09:15 |
3月26日

僕は未だ「追憶」を手にしたことがない。「記憶」は脱色されれば「追憶」となるが、ぼくのそれは未だその経過を辿ってはいないのだ。


「記憶」は突然こちらへ襲来する。幸せなもの、悲しいものなど、「記憶」の種類はさまざまだ。僕は、後者の数の方が断然多い。たとえば、いつしか友人に送ってしまったメールが今でも自分を苦しめたりする。一寸の分別があれば回避できたであろうに、何故ああした言葉をずかずか並べてしまったであろうか、と。また、悲しい体験の方を多く思い出すのは、決して幸福な体験が皆無であったからではない。幸福体験においては、刹那的なものが広く支配しているからだ。大概の幸せは一瞬しか存在し得ないために、「記憶」となることが困難である。「記憶」として残りにくいので、人々に思い出される機会も少ない。


経験とは抹消のきかぬものだ。取り返しのつくことなどない。その経験を想起して、僕らは良くも悪くも感情的になっているのだ。しかし、それは未だ「記憶」の段階に他ならない。一度追憶となってしまえば、そのような感情に襲われる必要もない。「記憶」が襲来するものだとするなら、「追憶」はただ僕らの前を通り過ぎていくものである。彼らは何の手土産ももってこない。だから、僕らは彼らの存在に笑ったり怒ったり悲しんだりしなくていい。「追憶」は僕らに何の迷惑もかけない。ただ、優しく微笑みかけてくるだけである。


世の中の「記憶」がすべて「追憶」と化すなら、世界はどれだけ平和になるだろうか。そして、僕は一体いかに「幸せ」になれるのだろうか。今有るあらゆる「記憶」が色あせて「追憶」となるなんて、何と素晴らしいことではないか。


 

「追憶」と云う名の「他人」に会えるのはきっと未だ先のことだろうが、その時が待ち遠しくてならない今日この頃である。

PR



2007/05/26 06:27 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<8月12日 日曜日 | HOME | 高校時代>>
忍者ブログ[PR]